スキンケア豆知識

『嗅覚のしくみと香りの種類』まとめ!化粧品検定まであと5日!勉強備忘録

検定まであと5日!
香水についてはもともとの知識が少なかったので、一から覚えなければいけませんでした。
この知識を持って、フレグランス系のお店に行くととっても楽しいです!

香りを感じるしくみ

香りは、鼻の奥にある嗅上皮という粘膜に溶け込み、嗅細胞の先端部分の嗅毛という極細の毛にキャッチされます。
つづいて香りの分子の情報は、電気信号に変換されて大脳辺縁系に伝達され、ここで初めてにおいとして認識されます。
この電気信号は、身体の生理機能をコントロールしている視床下部に届きます。

香料の分類

天然香料

植物性香料(精油など)

精油は植物香料の一種で数百種類ありますが、実際に使われているのは150~200種類です。

圧縮方法は以下があります。
圧搾法(柑橘系の果実の皮を絞って抽出する方法)
水蒸気蒸留法(水蒸気で蒸すもっともよくつかわれる方法。蒸気の熱によって気化させ、その水蒸気を冷却して液化)
油脂吸着法(牛脂や豚脂に原料を吸着あるいは浸して芳香成分を吸着し、アルコールを使って芳香成分を抽出。現在ほとんど使われていない方法)
溶剤抽出法(植物の芳香成分を直接溶かしだす方法。揮発性の溶剤と原料になる植物を溶剤釜に入れ、溶けだした成分からアルコールを使って芳香成分を抽出。ヘキサン抽出物をコンクリート、エタノール抽出したものをアブソリュートという)

利用方法は以下です。
一般的に精油びんや専用のスポイトでは一滴が約0.05mlです。

スキンローションは、50mlの水やグリセリンに対し、1滴程度です。
フェイス用トリートメントオイルは、30mlのオイルに対し、1~3滴程度です。
ボディ用トリートメントオイルは、30mlのオイルに対し、6滴程度です。
バスオイルは、20mlのオイルに対し、1~5滴程度です。
バスソルトは、大さじ1杯の塩に対し、1~3滴程度です。

動物性香料

動物の分泌腺から採取したものをいいますが、野生動物から抽出するのでワシントン条約により取引禁止になっています。
動物性香料として、取り扱われていた4種の香料も今では合成香料でまかなわれています。

ムスクジャコウジカの雄の生殖腺から抽出)
シベットジャコウネコの雄雌の分泌腺のうから抽出)
アンバーグリスマッコウクジラの結石様物から抽出)
カストリウムビーバーの雄雌の生殖腺のうから抽出)

「ペットは猫」と覚えました。

合成香料

天然香料から特定の成分を化学処理によって取り出した単離香料や、単離香料を原料にして合成した半合成香料、天然香料成分や天然には存在しないが香料として有名な化合物を化学的に合成した合成香料があります。

調合香料とは、天然香料と合成香料を用いて調合した香料のことをいいます。
香水は、調合香料をエタノールまたは蒸留水で溶解し、熟成期間のあとに製品化されたものをいいます。

精油成分の一部には、皮膚に塗布した状態で日光などの強い紫外線と反応することによって、皮膚に炎症を起こすなどの毒性を示すものがあり、これを光毒性といいます。
光毒性がある成分に、ベルガプテンベルガモットをはじめとするレモン、フルーツなどの柑橘系の精油に含まれる成分)があります。

香りの変化

香水は、グラデーションを描くように香りは変化していきます。

トップノート(香水の第一印象)
10~30分間に香る部分で、シトラス系やグリーン系、フルーティー系、ハーバル系が感じられる。

ミドルノート(香水の中心)
30分~1時間ほど香る、中心的な香り。6~7割フローラル系で構成されている。

ラストノート(香水の余韻)
2~3時間後に香って消えていく。残香性の高いバニラムスクアンバーオリエンタル系、ウッディ系、バルサミック系など。持続時間は6~7時間と長いものも。

「最初は果実や葉が香って、メインはお花、最後は木や動物が香る」と覚えました。
香水の使い方と注意点

つけるタイミングは、香りの中心となるミドルノートが感じられるように、良い印象を与えたいタイミングの30分くらい前が目安です。
香水を選ぶときは、手首の内側に1~2プッシュし、アルコール分をとばし、鼻から少し離し、手を静かに動かして、かぎます。
匂い紙を使うときは、2,3回振ってアルコール分をとばしてからかぎます。
つけ方は、しっかりと香らせたいときは耳の後ろ、ひじの内側、うなじなど。
柔らかく香らせたいときは、ひざの裏、足首、ウエストの両サイドなど。皮膚がとくに弱い人はスカートのすそにつける。
香りの保存方法は、直射日光を避け、温度変化の激しいところは避け、キャップを占めて空気に触れないようにします。
使用期限は、開封したら1年を目安に使い切ります。未開封の場合、使用期間は3年です。

香りの持続時間の目安

調合香料は、ベースの溶剤や香料の配合量によって、そのよび名は変わります。

香水
香料配合率は15~30%
ベースはエタノールと保留剤
持続時間は5~7時間

オードパルファム
香料配合率は7~15%
ベースはエタノールと保留剤
持続時間は4~6時間

オードトワレ
香料配合率は5~10%
ベースはエタノールと保留剤
持続時間は3~4時間

オーデコロン
香料配合率は2~5%
ベースはエタノールと保留剤
持続時間は1~2時間

練り香水
香料配合率は5~10%
ベースは油性成分ビーズワックスワセリンなど)
持続時間は1~2時間

芳香パウダー
香料配合率は1~2%
ベースはパウダータルクなど)
持続時間は1~2時間

香水石けん
香料配合率は1.5~4%
ベースは石けん素地
持続時間は1~2時間

「オー」はフランス語でです。香水はエタノール、水、香料でできており、液状なことから「オーデ~」(~の水)と呼ばれていたことが発祥と言われています。
ハーブやドライフラワーを使った香り袋をサシェといいます。香水石けんも置物としてほのかな香りを長時間楽しむことができます。
無香料は、香料を使用していませんということで、天然成分を使用している場合、原料の香りが残ります。無香料と向こうでは大きく意味が違います。

香水の主分類(女性用)

シトラス(レモン、ベルガモット、オレンジ、グレープフルーツなどからなる柑橘系の香り。新鮮で爽快感を感じるユニセックスタイプ。代表作はモイラー&ヴィルツ社)
グリーン(青葉や青草をもんだときに感じる青くさい香りや、ヒヤシンスのグリーンノートとフローラル系をあわせもつ香り。代表作はマークジェイコブス)
シングルフローラル(ローズ、ジャスミン、すずらん、ライラック、ガーデニアなど1つの花の香り。西洋風のシンプルでカジュアルな香り。代表作はクリスチャンディオール)
フローラルブーケ(花の香料を特徴的に使用したり、特定の花をイメージした香り。女性用の半数を占める。代表作はニナ・リッチ)
フローラルアルデハイド(花の香りがアルデハイドで特徴づけられている香り。女っぽい甘さと優雅さに、さらに深みがプラスされたロマンチックな香り。代表作はシャネル)
シプレー(オークモス(苔)とシトラスに、フローラル、アニマリックなどの複雑なコンビネーションが特徴となっている香り。代表作はグッチ)
フロリエンタル(フローラル系の優しさと、オリエンタル系の個性・強さを持ちあわせた香り。代表作はジョルジオアルマーニ)
オリエンタル(中近東をイメージさせるようなウッディや樹脂、バニラ、スパイスなどのエキゾティックで重厚な香り)

半分はフローラル系と覚えました。
香水の副分類(女性用)

フルーティー(柑橘系以外の果実の香り。ストロベリー、ピーチ、プラム、アップル、カシスなどが代表的)
アルデハイディック(脂肪族あるデバイド類のむせるような強烈な香り。少量使うと香りに深みが出る)
パウダリー(白粉っぽく化粧品を思わせる女性的なイメージの香りで、バニリン、ヘリオトロピンなどが代表的)
ウッディ(落ち着きを感じさせる木の香り。サンダルウッド(白檀)、シダーウッド、パチュリー、ベチバーなどが代表的)
モッシィ(樫の木につく苔の香。湿った森林の中を連想させる香り)
スパイシー(ピリッとしたスパイスの香り。グローブ、ペッパー、シナモン、ナツメグ、カーネーションなどが代表的)
レザータバック(皮革やたばこの男性的な香り。男っぽいさわやかさを感じさせる)
バルサミック(樹脂の香り。重くて深みのある甘い香り)
アニマル(アニマリック)(動物性香料の香り。ムスク。アンバー、シベット、カストリウムの香り。セクシーで濃艶なイメージ)

最後に「~ィー、~ック」がつくものが副分類と覚えました。

<div class=”simple-box1″><p>ふたつの表現を使っている場合は、後ろが主分類です。
がアクセントになる副分類後ろ主分類の場合が多いです(パウダリーオリエンタル、フルーティーシトラス)。
反対の場合もあります(シプレースパイシー)。</p></div>

植物性香料、精油の効能一覧表まとめ

花から抽出

イランイラン(髪パサつき・手のトラブル・しわたるみ・PMS)
ネロリ(しわたるみ・シミくすみ・赤ら顔)
カモミールジャーマン(ニキビ・赤ら顔)
ローズオットー(髪パサつき・汗と口のにおい・しわたるみ・シミくすみ・赤ら顔・PMS・更年期のトラブル)
カモミールジャーマン(ニキビ・毛穴が目立つ・赤ら顔・足裏の角質)
ジャスミンアブソリュート(しわたるみ・PMS・更年期のトラブル)
ヘリクリサム(ニキビ・赤ら顔・更年期のトラブル)
ヤロウ(ニキビ)

花と葉から抽出

クラリセージ(髪パサつき・しわたるみ・PMS)
ローズマリー(髪パサつき・手のトラブル・しわたるみ・シミくすみ・赤ら顔・冷え性・ダイエット・セルライト・PMS)
スイートマージョラム(手のトラブル・冷え性・PMS・更年期のトラブル)
ゼラニウム(髪パサつき・手のトラブル・しわたるみ・毛穴が目立つ・シミくすみ・赤ら顔・脚のむくみ・セルライト・足裏の角質・更年期のトラブル)
ラベンダー(髪パサつき・汗と口のにおい・手のトラブル・ニキビ・しわたるみ・毛穴が目立つ・シミくすみ・ダイエット・セルライト・足裏の角質・PMS・更年期のトラブル)
ペパーミント(汗と口のにおい・脚のむくみ)
ローズマリー(髪パサつき・手のトラブル・ニキビ・しわたるみ・毛穴が目立つ・シミくすみ・赤ら顔・冷え性・ダイエット・セルライト・PMS)
メリッサ(PMS(生理痛))