商品レビュー

産後の肌トラブルを解決!赤ちゃんも安心オールインワンランキング

産後に選ぶべきオールインワンスキンケアをズバリ知りたい!と思っている方に読んでいただけたら嬉しいです。

この記事の信頼性

筆者資格:化粧品検定1級合格 (2019年12月)
仕事:美容系のweb広告を担当

産後の肌トラブルを手抜きで解決する方法

ズバリ、高品質「セラミド」が配合されたオールインワンを使うことです。

理由は、2つです。
1つ目、産後は美肌ホルモンである「エストロゲン」が急激に減少することで、肌のセラミドが不足してくすみが起きます。
よって、高品質な「セラミド」配合のスキンケアが必要です。

2つ目、美容の専門家の方は、肌には美容液だけでいいとおっしゃっている方が多いです。
化粧水は乾燥を招く原因になるし、美容液の前に化粧水をつけてもつけなくても変わらなかったという実証データも海外にあります。
よって、高品質な「オールインワン」だけで十分です。

私が試した中で、一番オススメできるのが、「リダーマラボ」というオールインワンです。
質の高いセラミド配合、それ以外の成分も優秀で、容器がポンプ式なのに真空で劣化しないという、私の中でベストな商品でした。

産後の肌に!皮膚科医監修オールインワン「リ・ダーマラボ」体験レポ リ・ダーマラボを選んだ理由 リダーマラボを試してみようと思ったのは、ポンプ式で「セラミド」が豊富で、シワ対策で有名な「レチノール」...

産後に肌断食をするのはどうなの?

一人目の産後に、「宇津木式の肌断食」が流行っていて、

「なにもつけないことが肌にいいなんて最高!」と思い、半年くらい何もつけない期間がありました。

そのせいで、10歳くらい老けたと思います。

産後は美肌ホルモンのエストロゲンが減り、肌がスカスカになっているので、この時期に肌断食をするのは本当に失敗でした。

旦那にはいつも顔が疲れていると心配されていましたが、肌断食で肌がボロボロだったからだと思います。

産後、肌断食に挑戦して失敗した理由。教訓、産後は挑戦しちゃダメ 産後、肌断食をするとどうなる? 産後はホルモンの変化で肌が弱るので、肌断食をすると肌がボロボロになります! 面倒でも、産...

産後オールインワンを選ぶ基準

産後はホルモンバランスの影響で肌の「セラミド」が不足して敏感になっています。

また、弱った肌に化粧水、乳液..など複数の化粧品を付けることは肌への刺激が増えます。
オールインワンで、極力肌を刺激しないことが重要です。

よって、良質オールインワンを使うことがとても大切です。

「オールインワン」は「基礎化粧品」に比べて本当に手抜き? 『オールインワンは手抜きだけど、今は育児中で忙しいからしかたない』と思っていませんか? 基礎化粧品をフルラインで使うよりも...

産後に最適なオールインワンは?

産後の肌におすすめの成分が豊富なオールインワンは、以下の記事で紹介しています。

https://women-be-ambitious.com/%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e8%82%8c%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e5%8e%b3%e9%81%b8%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b03%e9%81%b8/

産後オールインワンの口コミ

ブログやSNSを見ていると、産後の肌について、この以下のような意見をよく見かけます。

①化粧水をつけると肌がひりひりするようになった。

②出産したからじゃなくて、年を取ったから肌がボロボロになっているだけかも。

③産後、急に吹き出物ができてそれがニキビ跡になって消えなくなった。肌が全体的に黒ずんだ。

①は、安いスキンケアを使っているか、オーガニックスキンケアを使っているのだと思います。

値段の安いスキンケアは、低コストで商品を作るため、どうしても肌荒れをおこしやすくなる成分が配合されています。

値段の安いスキンケアには防腐剤として「エタノール」が多く配合されていることが多いです。

「エタノール」は多くの人が肌荒れをおこす原因になる成分です。

高いスキンケアには「エタノール」が多く配合されていることはまずなく、「フェノキシエタノール」や「パラベン」が配合されています。

※「パラベン」は販売側の戦略によって「パラベンフリー」などと謳われて悪者にされていますが、実は防腐剤の中では1,2位を争う優秀な成分です。

②は、もちろん加齢によっても肌は年を取りますが、激しい日焼けをしたり、病気になったりなどのことがない限り、一気にガクッと劣化することはありません。
出産すると「エストロゲン」が急激に減るので、急に肌がボロボロになったと感じたのであれば、出産した影響が強いかもしれません。

③も、「エストロゲン」の影響です。

私は産後の肌荒れとくすみがひどく、皮膚科に行きました。

そこで先生に言われたのは、

「産後は仕方ありません。授乳が終わってまだくすんでいたらまた来てください。今はどうしようもないです。」

と言われました。

産後はシミができやすかったり、くすみがひどくなりがちです。

まとめ

産後の肌トラブルには正しいスキンケアが必要なことが分かったと思います。

一生ものシミやシワを残さないようにするためにも、正しいオールインワンを使って産後の肌荒れを乗り越えましょう!