30・40代の産後スキンケア選び!コスメマニアのママが徹底解説

肌に優しいスキンケアやコスメ選びが大好き、キリエ(@Ad_Lovelace)です。

この記事を書いた人

日本化粧品検定1級 ・化粧品成分検定3級合格
IT企業で美容系のweb広告を担当
3児(7・4・1才)の母

産後、こんな悩みはありませんか?

産後ママA
産後ママA
肌が荒れてスキンケア変えたいけど、なにを選んでいいのか…
産後ママB
産後ママB
コスパが良くて楽にキレイになれるケアは?
産後ママC
産後ママC
シミが急に気になるように。どうしたらいい?

こんな悩みを、化粧品検定1級をもつ3児のママが解決します!

キリエ
キリエ
忙しいママでも少しのコツを知れば、キレイな肌は保てます!

このブログを読めば、産後の正しいスキンケア方法が全て分かります。

Step.1 産後の肌はなぜ荒れる?
Step.2 産後の正しいケア方法
Step.3 産後使うべきスキンケア商品

産後何種類も試してきた私が、肌が荒れる原因、正しいケア方法、使うべき商品をご紹介していきます。

忙しいママたちが、少しでも楽に美肌を取り戻せたら嬉しいです。

Step.1 産後の肌はなぜ荒れる?

産後に肌荒れしやすいのは「出産したあとは、美肌効果のあるエストロゲンというホルモンが急に減るから」です。
エストロゲンが減ると、肌の水分を保つセラミドが減るから、肌が乾燥します。
産後の肌荒れの原因を知っていれば、正しいスキンケア方法がわかります。
筆者の産後肌は、

  • 妊娠中 ▶︎ 今までになく肌の調子がいい
  • 産後6ヶ月まで ▶︎ ガサガサに荒れる
  • 産後1年後まで ▶︎ 肌荒れは落ち着くも、敏感肌
  • 産後1年半後まで ▶︎ 強い有効成分には反応
  • その後 ▶︎ 普通肌

体感として、授乳が終わる1歳過ぎくらいまではデリケート肌でした。
妊娠前に使っていたスキンケアが使えるようになるには、2年くらいかかっています。

>>Step.1「産後の肌はなぜ荒れる?」の詳細記事はこちら

Step.2 産後の正しいケア

産後の肌をきれいに保つには、正しいケアの方法を知る必要があります。

  • 正しいスキンケア(乾燥・シワ・シミ)
  • 正しい洗顔
  • 正しい紫外線対策
  • 正しい生活習慣

>>Step.2「産後の正しいケア方法」の詳細記事はこちら

正しいスキンケア ▶︎ 肌を触らない

産後の肌は乾燥してデリケートになりがちなので、刺激を与えるとさらに荒れてしまいます。
極力肌を触らないようにするために、オールインワンスキンケアを使いましょう。
オールインワンはさぼっているイメージがあるかもしれません。
でも正しく商品を選ぶことができたら、基礎化粧品をフルラインで使うより肌にいい場合があります。

正しいスキンケア商品(乾燥悩み)

肌の悩みが乾燥の場合、肌荒れ・敏感肌・普通肌でスキンケア商品を変えましょう。

>>【乾燥対策】敏感肌・普通肌向けおすすめオールインワン詳細はこちら

【肌荒れ】ワセリンで保湿

赤くなるほどの肌荒れ中は、有効成分の入ったスキンケアを避けましょう。
医薬部外品など、効果が高いものほど、弱った肌には刺激になります。
肌荒れは乾燥が原因のことが多いです。
これ以上乾燥させないようにするために、純度の高い「ワセリン」で、肌から水分が逃げないようにするためのスキンケアをすることがおすすめです。

created by Rinker
¥1,720
(2022/05/22 15:22:15時点 楽天市場調べ-詳細)

【敏感肌】肌の土台を整えるオールインワン


乾燥肌・敏感肌、乾燥と刺激により肌の衰えが加速している女性のために開発された、皮膚常在菌のバランスを整えるオールインワン。産後の弱った肌に最適です。ポンプ式。
初回3,053円(2回目以降3,700円)/1本2.5ヶ月分

ビオメディ体験レビュー

【普通肌】セラミド入りオールインワン

肌のうるおい機能を整える「セラミド」配合。忙しい産後に嬉しいポンプ式です。真空なので清潔に使えます。
初回2,530円(2回目以降4,401円)/1本1ヶ月分

>>リダーマラボ体験レビュー

>>セラミド入りオールインワンランキング詳細

正しいスキンケア商品(シミ悩み)

産後のシミの原因は、美肌に重要な「エストロゲン」というホルモンが急に減るのでシミができやすくなります。
適切なスキンケアをして、シミから肌を守りましょう。

>>産後シミの原因・対策・ケア方法・選び方

>>シミ悩みオールインワンのおすすめ商品

正しいスキンケア商品(シワ悩み)

産後のシワが特に気になる方には、肌が普通肌になってから部分使いでシワ改善クリームがお勧めです。

>>しわ改善クリームのランキング詳細

 

正しい洗顔 ▶︎ 30℃~36℃で手ですくって洗う

洗顔をするとき自分の体温より高い温度で洗うと、肌からうるおい成分が溶け出してしまいます。
水圧は、肌のうるおいを落としてしまうので、シャワーで洗顔するのもやめましょう。

>>産後の正しい洗顔の詳細はこちら

産後の洗顔は、医薬部外品の「キュレル」泡洗顔がおすすめです。
乾燥性敏感肌むけの洗顔で、「セラミド」を守って洗えるのが特徴です。
「グリチルリチン酸2K」という抗炎症成分が配合されているので、肌荒れ中の方にぴったりです。
化粧品研究者のすみしょうさんや、美容科学者のかずのすけさんがおすすめされていました。

created by Rinker
¥1,320
(2022/05/22 15:22:15時点 楽天市場調べ-詳細)

正しい紫外線対策 ▶︎ 日焼け止めと日除け対策

シワの原因の1つは、紫外線です。
紫外線対策をすることで、肌の老化の対策になります。
日焼け止めや帽子など、可能な範囲で紫外線対策をしましょう。
また、石鹸で落とせる日焼け止めを使いましょう。
時短になるし、肌への負担も減ります。

UV効果のあるコスメ

私は日焼け止めとメイク一緒にできる「CCクリーム」を愛用しています。
etvosのCCクリームは、1本で日焼け止め・石けんオフ・スキンケアができるクリームです。
洗顔のあと塗るだけでとても楽です。
外出の予定のない日は、このCCクリームのみで過ごしています。
肌色を整えてくれるので、ナチュラルメイクが好きな方には特におすすめです。
外出する時も、コンシーラーとパウダーを加えたら、きれいなベースメイクを作ることができます。

created by Rinker
¥3,520
(2022/05/23 02:43:24時点 楽天市場調べ-詳細)

>>ETVOSミネラルCCクリームの体験レビュー記事はこちら

 

正しい生活習慣 ▶︎ 加湿・睡眠・食事

加湿

シワの原因の1つは、乾燥です。
湿度を一定に保つことで、乾燥を防ぐことができます。
過ごす部屋では必ず加湿器を付け、湿度が40%を切ることがないように気を付けましょう。

加湿器は、湿度設定ができるものがおすすめです。
私はモダンデコの加湿器を愛用しています。

created by Rinker
¥10,800
(2022/05/22 20:19:03時点 楽天市場調べ-詳細)

睡眠

美肌のために熟睡することはとても大切です。
育児中には睡眠を確保することは難しいので、熟睡できるように「寝る前はスマホをみない」など、ルールを決めましょう。

食事

抗酸化ケアでは、冷凍食品の揚げ物やポテトチップスなど、油で加工された後、時間がたったものは避けましょう。
抗糖化ケアでは、食べる順番を野菜→肉→ごはんの順にして、血糖値の上昇を抑えましょう。

「糖化と酸化を防ぐ正しい食事」の詳細記事はこちら

Step.3 産後の悩み別おすすめスキンケア商品

産後の肌荒れの原因、正しいケア方法、正しい選び方がわかった上で、おすすめのケアアイテムを悩み別にご紹介します。

>>産後の正しいスキンケア商品一覧をすべて見る