スキンケア豆知識

【産後限定】プチプラのオールインワンを使ってはいけないたったひとつの理由!

ドラッグストアで売られている、プチプラのオールインワン。

10代、20代前半で、スキンケアを初めて買う女性にはピッタリだと思います。

ただ、産後で栄養を出産に使った弱ったママの肌にはプチプラのオールインワンを使うことはおすすめしません。

理由は一つ。

プチプラのオールインワンは、

健康な肌の人のためのものだからです。

産後の弱ったママの肌には、科学的に必要な成分がわかっています。

ママに必要な有効成分は入っていません。入っていてもごく微量で無意味です。

またプチプラのオールインワンは、コストを抑えるために、どうしても刺激の強い成分を配合せざるを得ません。

健康な肌の人では問題になることはないのですが、弱っている肌につけると、トラブルの原因になります。

プチプラ「オールインワン」を使ってはいけない理由

産後の肌は、ホルモンバランスの変化で肌にある「セラミド」が急に減り、トラブルが起きることが科学的にわかっています。

セラミドが減ることで敏感肌になるので、妊娠前に平気だった「成分」で肌荒れする可能性が高まります。

例えば、「エタノール」やオーガニックスキンケアに含まれる「精油」などです。

プチプラのオールインワンは、配合するのにコストがかかる「セラミド」などの有効保湿成分は入っていません。

低コストで作っているので、入れることができないのです。

また、価格を下げるために、品質の低い成分を使わざるをえません。

次から、プチプラのオールインワンの全成分をチェックしてみます。

プチプラ「オールインワン」スキンケア成分チェック

ランキングでよく上位に入っているプチプラのオールインワンの有名どころの成分をチェックしてみました。

ハトムギ保湿ジェル(ナチュリエ スキンコンディショニングジェル)の全成分分析 180g 720円

アットコスメのオールインワンランキング1位(2019/7時点)のプチプラオールインワンです。

水、グリセリン、DPG、ジメチコン、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェリルリン酸Na、ハトムギエキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、BG、PEG-12ジメチコン、水酸化Na、カルボマー、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、ミリスチン酸オクチルドデシル、トコフェロール、メチルパラベン

テトラヘキシルデカン酸アスコルビルは、ビタミンC誘導体です。シミ予防に有効です。

ハトムギエキスは、肌のターンオーバーを促進します。

有効成分はこの2つだけです。

防腐剤はメチルパラベンのみなので、肌に刺激のある成分はなさそうです。

特筆できる有効保湿成分はありません。

産後の肌には保湿が重要なので、産後にはあわないオールインワンです。

(10~20代前半の方で、紫外線をたくさん浴びたときに使うのがオススメかと思います。)

AQUALABEL(アクアレーベル) スペシャルジュレの全成分分析 1400円

天下の資生堂から出ているプチプラオールインワンです。

水,エタノール,グリセリン,DPG,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,ジグリセリン,PEG/PPG-17/4ジメチルエーテル,結晶セルロース,ベタイン,グルタミン酸,アスパラギン酸,リシンHCl,メチオニン,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸Na,ダイズ種子エキス,水溶性コラーゲン,PPG-13デシルテトラデセス-24,カルボマー,水酸化K,EDTA-2Na,アラニン,BG,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料

保湿成分として、ヒアルロン酸コラーゲンが入っています。

問題は防腐剤のエタノールです。

産後は避けたほうがいい成分です。

成分表は、成分の量が多い順番で書かれているので、エタノールの量が多いことがわかります。

ドット線のフェノキシエタノールも防腐剤ですが、これは防腐剤の中では安全な成分です。

保湿成分は入っているものの、敏感肌には刺激の強すぎるため、産後にはあわないオールインワンです。

(10~20代前半の方で、冬の乾燥時期に使うのがオススメかと思います。)

ちふれ うるおいジェル オールインワンの全成分分析 108g 864円

今人気急上昇のプチプラオールインワンです。

「配合成分が、5,000円以上のオールインワンと同じなのに低価格」という触れ込みで、とても売れているようです。

水、グリセリン、BG、トリエチルヘキサノイン、ジフェニルジメチコン、アルギニン、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、オウゴン根エキス、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、トレハロース、メチルパラベンヒアルロン酸Naフェノキシエタノール、EDTA-2Na、加水分解ヒアルロン酸

16種類の成分が配合されています。

トリエチルヘキサノインとジフェニルジメチコンは、感触をよくするために配合されます。

PEG-60水添ヒマシ油、ミリスチン酸ポリグリセリル-10は界面活性剤です。

カルボマーは粘度を出すものです。

オウゴン根エキスは植物エキスで、精油(産後はNG)より弱めの美容成分で、抗炎症作用などがあります。

防腐剤(ドット線)は、メチルパラベンとフェノキシエタノールが配合されています。

保湿成分は赤マーカーです。

アルギニンはアミノ酸で、保湿効果があります。

トレハロースは、保湿や感触をよくするために配合される成分です。

保湿成分のヒアルロン酸は入っているものの、成分表の最後の方です。

成分表は配合量順なので、気持ち程度の配合であることがわかります。

ヒアルロン酸Naは0.05%、加水分解ヒアルロン酸は0.01%しか配合されておらず、低価格なのも納得です。

肌に悪い成分は配合されていませんが、有効成分がかなり少ないことがわかります。

まとめ

プチプラオールインワンは、肌が自分の力で元気になってくれ、肌のターンオーバーも正しい周期で繰り返される10~20代前半の健康肌の人には最適かもしれません。

ホルモンバランスによって肌が弱る産後に限っては、選ばないほうがいいことが伝わったら嬉しいです。

産後に限っていうと、プチプラオールインワンをつけるのであれば、なにもつけないほうがいいと思います。

産後の肌におすすめの成分が豊富なオールインワンは、以下の記事で紹介しています。

産後の肌におすすめ厳選ランキング3選1歳の息子、4歳の娘のママのキリエです! 産後の肌荒れ中、肌に優しい成分を比較しながらたくさんのスキンケアを試しました。 ス...