スキンケア豆知識

産後の肌にオーガニックスキンケアは絶対ダメ!納得の理由とは

誤解しないでいただきたいのですが、「オーガニックスキンケア」を否定するわけではありません。

「産後の肌」限定のおはなしです。

産後の肌はホルモンの関係で弱っています。

弱った肌に、オーガニックスキンケアに含まれる成分、「精油(エッセンシャルオイル)」は刺激が強すぎます。

この記事では、なぜオーガニックスキンケアが産後の肌によくないかを説明しています。

正しい知識で、産後の肌荒れを乗り越えましょう!

オーガニックスキンケアとは

一般的な「オーガニックスキンケア」の認識

wikipediaで「オーガニックスキンケア」を調べました。

オーガニック化粧品は自然由来の成分を中心に配合し、化学的な成分を全く使用せず、またはごく少量のみ使用して作られ、「人間の肌が本来持つ自然治癒力を助長、回復させることに着目したスキンケア用品」と自主的にうたっている化粧品である。化学成分を含むものに比べ低刺激だとうたっており、アトピーなどの皮膚病患者や敏感肌の人にとって副作用が少ない場合もあるという利点がある。化粧品の品質を長持ちさせる添加物まで使用していないものも多く、開封後1 ~ 2週間や2 ~ 3ヶ月が使用期限に設定されているものもある。


ウィキペディア「オーガニック化粧品」より引用

オーガニックスキンケアと言えば、「肌の自然治癒力を使って肌を回復させ、低刺激で肌に優しい」というイメージがありました。
産後、良質なスキンケアを求めて「オーガニックスキンケア」に手を出してしまう方がいるかもしれません。

一般的な「オーガニックスキンケア」の認識は間違っている!?

専門家は、敏感肌のときには「オーガニックスキンケア」には否定的です。

植物が香りを放つのは(中略)害虫などの敵から身を守るのが大きな理由です。植物の芳香成分は、多数の科学物質でできており、構造的に毒性(アレルギーリスク)を持つものも多いのです。この芳香物質に含まれているのが、オーガニックコスメに配合される「植物エキス」や「精油」。植物エキスは芳香物質の濃度が薄く、刺激も効果もほぼありません。しかし精油は、芳香物質だけを凝縮しておりリスク大です!


オトナ女子のための美肌図鑑 かずのすけ

「精油」のアレルギーリスクは高く、肌が弱っているときには避けるべきです。

皮膚科医の方の本でも、同じことが書かれていました。

皮膚科では、肌荒れしている人にはワセリンだけを塗るよう指導します。最も精製された油であり、不純物が肌に刺激を与えることがないからです。その逆で、自然のままの成分はさまざまな微量成分を含んでいるので、人によってはトラブルの原因に。不安定で変質しやすい場合もあります。もちろん肌に合えばパワフルな植物の力を堪能できますが、やさしいお手入れをしたいなら、むしろ科学の力で安定化された化粧品を使いましょう。


ゆる美容事典

元気な肌で、スキンケアで肌荒れしたことがない方は効果が高いかもしれません。

産後の肌がゆらいでいる間に限っては、避けたほうがよさそうです。

フランス、ベルギー、ドイツ、アメリカなどでは「オーガニック認証機関」があります。

日本には認証機関がないため、植物の配合率は製法は各メーカーに任されているそうです。

自分の肌に合うオーガニックスキンケアを選ぶことは本当に難しいことのようです。

では、産後の肌が弱っていない自信がある人は「オーガニックスキンケア」は効果が高いのでしょうか?

「産後の肌」が弱る科学的な理由は?

「産後の肌」が弱っていない人はいません。

科学的に、産後直後はホルモンバランスが急激に変わり、肌が老化することが科学的に証明されています。

産後、肌が荒れていると感じるのは、睡眠不足や栄養不足、疲れやケア不足だけが原因ではありません。

詳細は別記事にまとめています。

[st-card id=250 label=” name=”]

産後「エストロゲン」が急激に減ることで、肌から「セラミド」という肌に含まれるうるおい成分が急激に減り、老化します。

オーガニックコスメには「セラミド」は入っていません。

正しいスキンケア選びをして、お肌を維持することが大切です。

ランキングで紹介しているスキンケアは、

「精油(エッセンシャルオイル)」や「エタノール」など、産後の肌に刺激の強い成分が入っていないのはもちろん、

産後に不足する「セラミド」が正しく配合されたスキンケアを厳選してご紹介しています。

産後の肌におすすめ厳選ランキング3選1歳の息子、4歳の娘のママのキリエです! 産後の肌荒れ中、肌に優しい成分を比較しながらたくさんのスキンケアを試しました。 ス...