時短スキンケア

産後のシミに最適なスキンケア!選び方も徹底解説。原因と対策は?

産後のシミがひどすぎて、シミのレーザー治療をしたキリエ(@Ad_Lovelace)です。

この記事を書いた人


日本化粧品検定1級 ・化粧品成分検定3級合格
IT企業で美容系のweb広告を担当
3児(7・4・1才)の母

産後、シミ増えていませんか?
赤ちゃんのお世話が忙しくてメイクをしっかりする時間がないので、余計気になりますよね。

産後の肌は、ホルモンの関係でシミができやすい状態なのでレーザー治療はおすすめできません。

キリエ
キリエ
私は産後1年たってから治療をしました。

肌が元の状態に戻るまで、医薬部外品の美白スキンケアを使うことが大切です。

この記事を読めば、正しいシミ対策のスキンケアがわかります。
シミのスキンケア商品の選び方もまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

産後のシミの原因と対策

産後のシミの原因は「エストロゲン」ホルモンの減少

産後のシミの原因は、美肌に重要な「エストロゲン」というホルモンが急に減るのでシミができやすくなります。

お医者さんも、著書で産後の肌のシミについて以下のように書いています。

エストロゲンが減ることで、シミやシワができやすくなります。エストロゲンは抗酸化力が強く、肌を紫外線から守っています。それが減ると、日焼けしやすくなるので、強い日差しを受けなくてもシミが増えていくのです。


噂の女医がこっそり教える女の不調が消える本

「産後にシミが増えた」と感じるのは、ケア不足や気のせいではなく、きちんと原因があったのですね。

「エストロゲンは」メラニン色素の生成を抑える働きがあるので、色素沈着はしにくくなります。
出産後はエストロゲン量の急激な低下により、急激に水分保持力を失いますが、妊娠中の色素沈着は少しずつ改善向かいます。

妊娠中に出る「プロゲステロン」ホルモンは、色素沈着を促す働きがあります。

セラミドはエストロゲンにより高く保たれます。このため、エストロゲン量が低くなる生理前後は肌が保湿力を失い、肌荒れしやすくなります。
毎月生理前後に肌が不安定になるのは、セラミド量が不安定であることが大きく影響しています。
エストロゲンは皮膚を厚く、保水量を高く維持するホルモンですが、メラニン色素の生成を促すため、色素沈着が起こりやすくなります。
妊娠期に肝斑ができたり、乳輪やお腹の正中部に色素沈着が生じるのもエストロゲンが影響します。
出産後はエストロゲン量の急激な低下により、急激に水分保持力を失いますが、色素沈着は少しずつ改善向かいます。


お肌への女性ホルモンの影響

キリエ
キリエ
妊娠中はプロゲステロンが増える影響で「色素沈着」が起き、
出産後はエストロゲンが減る影響で抗酸化力が減り「日焼け」しやすくなります。
産前も産後も、シミは目立つのはしかたがありません。

産後のシミ対策

産後は色素沈着は落ち着きますが、肌を紫外線から守る力が弱くなり日焼けしやすくなります。
皮膚科医の先生に相談したら、産後1年を過ぎれば徐々に通常の肌に戻ってくるそうです。
それまでは特に、紫外線対策をしっかり行い、シミ対策用のスキンケアを正しく選んで使っていくことが大切です。

シミのスキンケアの種類と選び方

シミのケアには、美白成分が配合されたスキンケアを選びましょう。
美白成分は「医薬部外品の美白成分」と「化粧品の美白成分」があります。
ケア方法は「オールインワン」と、いつものケアにプラスする「スペシャルケアクリーム」があります。

  • シミ対策用のオールインワン(医薬部外品)
  • シミ対策用スペシャルケアクリーム(医薬部外品)
  • シミ対策用のオールインワン(化粧品)
  • シミ対策用スペシャルケアクリーム(化粧品)

産後のシワ対策におすすめなのは、シミ対策用のオールインワン(医薬部外品)です!

キリエ
キリエ
産後はバタバタで、スキンケアにスペシャルケアを加える時間を取るのが難しいからです。

美白オールインワンなら、お風呂上がりに1つをぱぱっと塗るだけ。

医薬部外品の美白成分は、厚生労働省から効果の認可を受けているものなので、医薬部外品の商品を選ぶことをおすすめします。

時間に余裕があって、丁寧にシミ対策をしたい方はシミ対策用スペシャルケア(医薬部外品)もおすすめです。

美白成分の特徴

医薬部外品の美白成分です。

医薬部外品の美白成分特徴成分由来
ビタミンC誘導体メラニン生成抑制、還元、チロシナーゼ活性阻害リン酸型ビタミンCなどビタミンCを吸収しやすい形に変えたもの
プラセンタメラニン生成抑制、メラニン排出促進 
アルブチンチロシナーゼ活性阻害。濃度が濃いと肌に刺激になることも。もともとこけ桃から抽出された成分
トラネキサム酸抗炎症、メラニン生成、指令阻止もとは抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を美白成分として開発したもの
コウジ酸チロシナーゼ活性阻害みそや醤油に含まれる麹菌由来の成分
カモミラET抗炎症作用。抗炎症、メラニン生成、指令阻止ハーブのカモミールに含まれる成分
エナジーシグナルAMPメラニン排出促進天然酵母由来の成分
エラグ酸チロシナーゼ活性阻害イチゴ由来の成分
ニコチン酸アミド  
PCEーDP  
マグノリグナンチロシナーゼ成熟阻害ホオノキの成分を元に開発された成分
リノール酸Sメラニン排出促進、チロシナーゼ分解サフラワー油などの植物油から抽出される成分
ルシノールチロシナーゼ活性阻害北欧のもみの木に含まれる成分をヒントに作られた成分
4MSKチロシナーゼ活性阻害慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分

選び方

美白成分の特徴を見て、自分にあったスキンケア商品を選びましょう。

産後のシミおすすめスキンケア

成分・使用感ともにおすすめできる、シミ対策のスキンケアをご紹介します。

オールインワン

美白オールインワンでおすすめしたいのがこの2つです。

ドクターケシミー

今あるシミにアプローチしたい方は、ドクターケシミーがおすすめ。
配合されているプラセンタは、シミの元になる「メラニン」を排出促進する働きがあります。

キリエ
キリエ
初回価格が2,178円と試しやすいのも嬉しいポイントです!

筆者の体験レビューは以下の記事ですので、よろしければご覧ください。

>>【ドクターケシミー】辛口レビュー|シミウスとなにが違うの?口コミ

パーフェクトワン薬用ホワイトニングジェル

その日浴びた紫外線をなかったことにしてくれるオールインワンを選びたいなら、パーフェクトワンの薬用ホワイトニングジェルがおすすめ。

キリエ
キリエ
パーフェクトワンはオールインスキンケア国内売り上げ5年連続1位の人気商品です!

ビタミンC誘導体とアルブチン配合で、メラニン生成を抑制し、チロシナーゼ活性を阻害してくれます。

スペシャルケア

スペシャルケアでおすすめできるのが、「メラノCC薬用シミ集中対策プレミアム美容液」です。
価格が1,540円と安く、ドラッグストアでも手軽に手に入ります。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

「産後のシミ」のよくある質問と回答

産後のシミについてのよくある質問と回答をご紹介します。

産後シミが増えたので、美容医療でシミとりをしてもいいですか?

筆者も産後のシミがひどく、生後3ヶ月の赤ちゃんを抱いて美容皮膚科でシミ取りのカウンセリングを受けたところ、

先生
先生
産後はホルモンの関係でシミがかなりできやすいから、赤ちゃんが1才を過ぎて授乳が終わったころくらいにまた来てください。そのとき肌を見て相談しましょう。

と言われました。
シミ取りレーザーは産後1年は我慢して、肌が安定してから施術してもらいましょう。

産後シミのスキンケアまとめ

産後の肌は、ホルモンのせいでいつもより日焼けしやすいことがわかりました。
シミ対策として、医薬部外品の美白オールインワンや美容液を使うことがおすすめです。

将来の美肌のために紫外線対策はもちろん、スキンケアで正しいケアをしましょう。