<景品表示法に基づく表記>本サイトには、広告が含まれている場合があります

産後スキンケア豆知識

【日焼け止めめんどくさい?】時短で正しく紫外線対策をするコツ決定版

いろんなスキンケアを買いすぎて、顔が足りなくなっているキリエ(@Ad_Lovelace)です。

この記事を書いた人
  • 日本化粧品検定1級 ・化粧品成分検定3級合格
  • IT企業で美容系のweb広告を担当
  • 3児(7・4・1才)の母

日焼け止めって種類によってはベタつくし、強すぎるものは肌への負担も気になったりして面倒ですよね。

特に肌の状態が悪いとき、顔に色々つけるのは気が引けます。

2023年、UVケア商品はどんどん進化し、ストレスなくしっかり日焼け止めできる素晴らしいアイテムがたくさん販売されていますので、その中でもおすすめをご紹介します。

この記事では

  • 極力肌に負担をかけない紫外線対策
  • 時短の紫外線対策
  • 一日中外に出ているときと、少ししか外出しないときなど、場面に応じた紫外線対策

をまとめています。

正しい紫外線対策決定版

美白ケアで紫外線対策をしても、シミが全然変わらないと悩んでいませんか?

外に出る時だけ日焼け止めを使っていませんか?紫外線は室内でも肌にダメージを与えるので、毎日UVケアをすることが大切です。でも毎日日焼け止めを塗るのは大変ですよね。

UV-B1波と/UV-A1波

紫外線には2種類あります。

  • UV-B1波…日焼けの原因
  • UV-A1波…シワやたるみの原因

シワの原因のUV-A1波のピークは5月で、冬でもピーク時の半分のUV-A1波が降り注いでいます。

UV-A1波はカーテンを通り抜けるので、冬の室内でも、シワの原因となるUV-A1波は肌にだーめ時を与えます。

産後おすすめ紫外線対策

紫外線対策には、4つあります。

  • 日焼け止め
  • 紫外線対策のできるコスメ
  • 飲む日焼け止め
  • 帽子・UV加工の服・日傘
商品名紫外線対策種類形状特徴医薬部外品メリットデメリット価格タイプもち

ETVOS
ミネラルCCクリーム
紫外線対策できるコスメメイクチューブ石けんオフできるベースメイク×   クリーム 

ETVOS
ミネラルUVベール
紫外線対策できるコスメメイク石けんオフできるベースメイク×   パウダー 

ホワイピュア
飲む日焼け止めサプリ   授乳中は飲めない タブレット 

日焼け止め

日焼け止めの紫外線を防いでくれる物質には、大きく分けて2種類あります。

  • 紫外線散乱剤
  • 紫外線吸収剤

肌にやさしいのは「紫外線散乱剤」でできた日焼け止めです。

紫外線吸収剤を含まない日焼け止めは「ノンケミカル」と呼ばれることもあり、敏感肌の方に選ばれています。

とはいえ、海水浴やキャンプなど、一日中紫外線にさらされるときは、紫外線吸収剤に頼るのが正解。

ビオレ アクアリッチ ウォータリーエッセンス

紫外線吸収剤を使った日焼け止めでオススメなのは、化粧品研究科すみしょうさんの殿堂入りコスメでもある「ビオレ アクアリッチ ウォータリーエッセンス」です。

皮膚にフィットしやすく、ウォータープルーフ効果が高いので、紫外線が強い時にはこれがオススメ。

ラロッシュポゼ

こちらもノンケミカルではないのですが、大人気の日焼け止め「ラロッシュポゼ」もおすすめです。

紫外線対策のできるコスメ

肌をさわる回数を減らすために、UV対策ができるコスメを選びましょう。

キリエ

日焼け止めの手間が省けて時短になるし、肌にも優しい!

肌荒れ中の方や敏感肌の方は、クレンジングをなるべく避けましょう。

クレンジングを避けるためには、日焼け止めは石けんで落とせるものを選ぶのが大切です。

ETVOS ミネラルCCクリーム

私は日焼け止めとメイク一緒にできる「ETVOS ミネラルCCクリーム」を愛用しています。

石けんで落とせて、保湿効果の高いヒト型セラミド配合です。

カバー力は弱いですが、肌色を整えてきれいにみせてくれます。

etvosのCCクリームは、1本で日焼け止め・石けんオフ・スキンケアができるクリームです。
洗顔のあと塗るだけです。
外出の予定のない日は、このCCクリームのみで過ごしています。
肌色を整えてくれるので、ナチュラルメイクが好きな方には特におすすめです。
外出する時も、コンシーラーとパウダーを加えたら、きれいなベースメイクを作ることができます。

出産祝いのデパコススキンケアをお探しの方はこちら(ラッピング可のアイテムのみご紹介)

>>2023年最新|デパコス出産祝い!本当に嬉しいママ用スキンケア20選。

ETVOSミネラルUVベール

「ETVOS ミネラルCCクリーム」の上からパウダーとして使うのが、「ETVOSミネラルUVベール」です。

飲む日焼け止め

普通肌になっても、石けんで落とせる日焼け止めがおすすめです。

授乳が終わったら、飲む日焼け止めを飲みましょう。

シミとりレーザー治療をした際、皮膚科医の先生に飲む日焼け止めを勧められました。

おすすめ紫外線対策アイテム飲む日焼け止め「ホワイピュア」

私が実際に飲んでいたのは「ホワイピュア」です。

授乳中などの通常の状態ではない場合は、医師に必ず相談してから飲みましょう。

化粧品検定1級
キリエ

私は2本まとめ買いしましたが、心配な方は1本(3,900円)だけ買って試すのがおすすめです!

帽子・UV加工の服・日傘

一番簡単な日焼け止め対策が、直接太陽光を遮る方法です。

遮光率100%の日傘を選びましょう。

産後の紫外線対策のまとめ

産後の肌はホルモンの関係で乾燥しやすく、弱っている状態です。

日焼けをすると肌がさらに乾燥して肌荒れの原因になります。

肌に優しい紫外線対策のアイテムを取り入れて、肌をケアしていきましょう。

関連記事