スキンケア用語集

【保存版】自分でスキンケア成分表を読めるようになる重要な成分まとめ

この記事を書いた人

日本化粧品検定1級 ・化粧品成分検定3級合格

重要な成分を覚えていたら、スキンケア商品の裏の成分表をみて判断することができるようになります。

スキンケアの成分表を見るときに参照できる成分の用語集です。

化粧品検定の教材や、スキンケア専門家の方の著書などを参考にまとめています。

ア行

アミノ酸

保湿成分。角質細胞内にある天然保湿因子の一つで保湿力が高いです。さらさらした使用感です。

アルガンオイル

保湿成分。「アルガニアスピノサ核油」と書いてあることがあります。
樹の種子からとれる貴重なオイルです。
ビタミンと抗酸化物質が豊富で、肌にうるおいを与えます。

αグルカンオリゴサッカリド

保湿成分。LG100。皮膚の常在菌の環境を整えてくれる成分です。

アルブチン

分類

美白成分

効果

メラニンがつくられるのを抑える。
色素沈着を防ぐ。

EGF

やけどの治療で、肌の再生に使われることもある成分です。
2005年から化粧品にも配合されるようになりました。
ターンオーバーを整え、保湿や肌荒れ全般に効果があります。

イソフラボン

保湿成分。

エタノール

防腐剤です。

エナジーシグナルAMP

美白成分。医薬部外品。天然酵母由来の成分。メラニン排出促進。

NMF

天然保湿因子とも呼ばれる、優秀な保湿成分です。
セラミドと似た働きをします。

FGF

もともと、人間の体内にあるたんぱく質です。
肌の奥まで浸透して、コラーゲン生成の促進に役立ちます。

エラグ酸

美白成分。医薬部外品。イチゴ由来の成分。チロシナーゼ活性阻害。

エラスチン

保湿成分。もともと、人間の体内にあるたんぱく質です。
皮膚では、コラーゲンと同様に真皮に存在し、肌の弾力において重要な役割を果たしています。

カ行

カモミラET

美白成分。医薬部外品。ハーブのカモミールに含まれる成分。抗炎症作用をあわせもつ。抗炎症、メラニン生成、指令阻止。

グリチルチリン酸ジカリウム

グリチルチリン酸2K。炎症を抑える。

コウジ酸

美白成分。医薬部外品。メラニンがつくられるのを抑制します。みそや醤油に含まれる麹菌由来の成分。チロシナーゼ活性阻害。

コラーゲン

保湿成分。

サ行

スクワラン

もともと、肌に含まれるうるおい成分で、乾燥や紫外線から肌を守ります。
30代から急激に肌のスクワランは減るので、スキンケアで補います。
一度肌に入った水分が蒸発しないようにしてくれる保湿成分です。
油に溶ける性質をもちます。
比較的浅い小ジワ(表皮性シワ)に合った美容成分です。
>>スクワランの詳細

セタノール

セタノールは「高級アルコール」で、肌から水分が蒸発するのを防いで、うるおいを保ったり肌を柔らかくしたりするために配合されます。
スキンケアの粘度を調節したり、乳化を安定させたりする目的で配合されます。
>>セタノールの詳細

セラミド

セラミドは、肌を雑菌から守る機能を持った保湿成分です。
一時的にうるおいを与える保湿成分とは違い、肌を本来のうるおい機能を整えます。
>>セラミドの詳細

タ行

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

シミ予防で有名なビタミンC誘導体です。
油溶性ビタミンC誘導体で、肌への刺激が少ないです。
ビタミンC誘導体の中でもっとも安定持続性が高く、肌への刺激が少ない成分です。

トラネキサム酸

美白成分。医薬部外品。シミの元となるメラニンがつくられるのを抑制します。
肌荒れを防ぎます。もとは抗炎症剤として使われていたトラネキサム酸を美白成分として開発したもの。抗炎症、メラニン生成、指令阻止。

ナ行

ナイアシンアミド

シワ改善。

ニコチン酸アミド

美白成分。医薬部外品。

ニールワン

シワ改善。

ハ行

ハイドロキノン

美白成分。医薬部外品ではないので、医薬部外品のスキンケアには配合できません。シミの元となるメラニンがつくられるのを抑制します。

パラベン

防腐剤です。

ヒアルロン酸

水分を抱え込んで保湿をします。
「ヒアルロン酸NA」というヒアルロン酸と、
「加水分解ヒアルロン酸」という浸透型のヒアルロン酸があります。
加水分解ヒアルロン酸の方が保湿力が高いです。

PCEーDP

美白成分。医薬部外品。

ビタミンC

抗酸化力が高いです。

ビタミンC誘導体

分類

美白成分。医薬部外品。

効果

メラニンがつくられるのを抑える。新陳代謝をよくしてメラニンの排出を助けます。色素沈着の改善。抗酸化作用。還元チロシナーゼ活性阻害。
ニキビや毛穴の引き締めなどの効果があります。

成分

水に配合すると安定性が高まる成分です。リン酸型ビタミンCなどビタミンCを吸収しやすい形に変えたもの。

フェニルエチルレザルシノール

美白成分。

フェノキシエタノール

防腐剤。

プラセンタ

分類

美白成分。医薬部外品。

効果

メラニンが作られるのを抑える。
ターンオーバーを促すことで、メラニンの排出を促す。
肌荒れ防止、ハリや弾力アップ、乾燥ケアの効果がある。

成分

豚や馬の胎盤から抽出される成分。
10種類のアミノ酸、ビタミン類、ミネラル、酵素、ムコ多糖類、肌の細胞を活発にする成長因子などを含む。

フラーレン

老化の要因となる活性酸素を吸い取って除去する作用があります。
抗酸化力が高くて有名な成分である「ビタミンC」の125倍~250倍の抗酸化力があるということが試験データにより明らかになっているそうです。
コラーゲンの生成を促す作用は、プラセンタの800倍ともいわれる成分です。
メラニンの動きを抑え、シミにも効果的です。

ホホバ種子油

保湿成分。

マ行

マグノリグナン

美白成分。医薬部外品。ホオノキの成分を元に開発された成分。チロシナーゼ成熟阻害。

ヤ行

油溶性甘草エキス(グラブリジン)

美白成分。植物性美白成分で、シミの元となるメラニンがつくられるのを抑制します。色素沈着を改善させます。

ヨーグルト液

保湿成分。

4MSK

美白成分。医薬部外品。慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分。

参考サイトはこちら

ラ行

リノール酸S

美白成分。医薬部外品。サフラワー油などの植物油から抽出される成分。メラニン排出促進、チロシナーゼ分解。

リピジュア

保湿成分。ヒアルロン酸の2倍の保湿力があります。

ルシノール

美白成分。医薬部外品。北欧のもみの木に含まれる成分をヒントに作られた成分。チロシナーゼ活性阻害。

レチノール

しわ対策です。

ワ行

和漢植物エキス

肌本来の力を回復する効果があります。

ワセリン

成分表とは

箱の裏などに書かれている、下の赤枠が「全成分表」です。

 

成分表をみるときのポイント

成分は、配合量が多い順番で書かれています。