スキンケア豆知識

肌のバリア機能 肌の「糖化」と「酸化」の原因と正しいスキンケアは?

肌に悪影響を及ぼす、肌の「糖化」「酸化」は、生活習慣の改善や正しいスキンケアをすることで防ぐことができます。

この記事の信頼性

筆者資格:化粧品検定1級 (2019年12月合格)
仕事:美容系のweb広告を担当

肌の「糖化」「酸化」とは

肌の「糖化」とは、食べ物から「糖分」を取りすぎると、体の中の「たんぱく質」と「糖分」が結びついて、肌に悪影響を及ぼすことです。

活性酸素が肌をサビつかせいろんなトラブルを引き起こす。糖化も注意が必要。糖分をとりすぎると体内のたんぱく質と結びついて肌もコゲる。


おうちケアで-5歳の肌になる美肌BOOK

肌のコラーゲンはたんぱく質の一種。糖化が起こると、コラーゲンに柔軟性がなくなり、肌のハリが低下して、たるみなどの問題がおこります。また、血流も悪くなってしまい、美肌菌の住む場所として適さない肌環境になります。つまり糖化は、たるみやシミなど、肌の老化を進行させる原因になるのです。

糖化とともにとくに着目したいのは「酸化」という現象。
糖化と酸化のふたつは「老化の両輪」ともいわれていて、美しい肌を保ちたいと願う方は、どちらの対策も行うことが必須です。


医者が教える最高の美肌塾

「糖化」が起きると、肌が焦げて、たるみやシミなど、肌の老化を進行させる原因になるそうです。

肌に悪影響を与える原因として気をつけたいのが、肌をサビさせる酸化と、肌を焦げさせる糖化。(中略)抗酸化、抗糖化のスキンケアや食事で予防しましょう。


おうちケアで-5歳の肌になる美肌BOOK

「糖化」と「酸化」は、スキンケアや食事で予防できるそうです。

「糖化」と「酸化」を防ぐには

「糖化」と「酸化」を防ぐには、正しいスキンケアや正しい食事、生活をすることが大切です。

「糖化」と「酸化」を防ぐスキンケア

肌の抗酸化、抗糖化で大切なスキンケアは、ヒト型セラミドで保湿し、ビタミンA、C、Eが配合されたものを選ぶことだそうです。

紫外線など、外からの刺激をブロックしたり、内側の肌のうるおいを逃さないようにするのが、肌のバリア機能。バリア機能が低下すると、水分を与えてもうるおいをキープできないので、乾燥しやすくなります。

また、刺激に敏感になり、ピリピリしたり、赤くなるなどの皮膚炎になることもあります。

(中略)バリア機能が低下すると、肌の内部に誇りやダニなどの刺激物質が侵入し、かゆみや肌荒れを引き起こします。かくことでかゆみがまし、角質層に傷ついて、さらに機能が低下するという、負のスパイラルに陥ります。

バリア機能をアップするのに欠かせないのが保湿。保湿ケアを取り入れて、うるおいをキープする肌を目指しましょう。

バリア機能を高めるのに効果的なのは、保湿成分配合の美容液でうるおいをあたえること。特に、保湿力が高いセラミド入りがおすすめ。

セラミド化粧品を選ぶ基準は、人の肌と同じ構造で肌なじみのよい、ヒト型セラミド1,2,3が配合されたものを選びましょう。(ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸も保湿ケアにおすすめ)

(中略)
抗酸化ケアでは、ビタミンA、C、Eやポリフェノール配合の美容液を使う。


おうちケアで-5歳の肌になる美肌BOOK

肌の抗酸化、抗糖化で大切なスキンケア成分が配合されたスキンケアがありました。

「リ・ダーマラボ」というオールインワンが優秀です。おすすめされていた成分がほぼ配合されています。これは「リ・ダーマラボ」の全成分です。

水・グリセリン・BG・ダマスクバラ花水・DPG・1,2-ヘキサンジオール・ラフィノース・スクワラン・ベタイン・セレブロシド・
セラミドNG・セラミドAP・セラミドAS・セラミドNP・セラミドEOP・ヒアルロン酸Na加水分解ヒアルロン酸アセチルヒアルロン酸Na・タウリン・リシンHCl・グルタミン酸・グリシンロイシンヒスチジンHClセリンバリン・アスパラギン酸Na・トレオニンアラニン・イソロイシン・アラントイン・フェニルアラニンアルギニンプロリン・チロシン・イノシン酸2Na・グアニル酸2Na・オリゴペプチド-34・オリゴペプチド-24・オリゴペプチド-20・アセチルデカペプチド-3・デキストラン・カプロオイルテトラペプチド-3・キネチン・ユビキノン・トコフェロール・リン酸アスコルビルMg・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・グリシン亜鉛・パルミチン酸レチノール・カルボマー・グリコシルトレハロース・水酸化K・加水分解水添デンプン・ペンチレングリコール・グリチルリチン酸2K・水添レシチン・キサンタンガム・フィトステロールズ・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・イザヨイバラエキス・ベニバナ花エキス・ピリドキシンHCl・コーン油・酢酸トコフェロール・ゲンチアナ根茎/根エキス

詳しくみていきます。

赤マーカー

セラミドNG→セラミド2

セラミドNG→セラミド3

ヒアルロン酸

パルミチン酸レチノール→ビタミンA

青マーカー

アミノ酸

全成分表を見て、このスキンケアが糖化と酸化を予防するスキンケアになることがわかると思います。

産後の肌に!皮膚科医監修オールインワン「リ・ダーマラボ」体験レポ リ・ダーマラボを選んだ理由 リダーマラボを試してみようと思ったのは、ポンプ式で「セラミド」が豊富で、シワ対策で有名な「レチノール」...

「糖化」と「酸化」を防ぐ正しい食事と生活

肌の抗酸化、抗糖化で大切な生活は、紫外線ケアを正しく行ったり、食後歩いたりして血糖値の上昇を抑えること。食生活では、古い油を使った料理を避け、炭水化物を取りすぎないことだそうです。

紫外線ケアや運動、健康な肌をつくる食事で、酸化や糖化のダメージを防ぐ生活をこころがけましょう。

(抗酸化ケア)

  • 紫外線を予防する(フラーレンやビタミンC,Eなど抗酸化成分が入った日焼け止めがおすすめ)
  • 専用の美容液を使う(ビタミンA、C、Eやポリフェノール配合のもの)
  • 冷凍食品の揚げ物やポテトチップスなど、油で加工された後、時間がたったものは避ける

(抗糖化ケア)

  • 運動で血糖値の急上昇を抑える(食後すぐに10分歩くなど)
  • 炭水化物(糖質)をとりすぎない
  • 食べる順番を野菜→肉→ごはんの順にして、血糖値の上昇を抑える

おうちケアで-5歳の肌になる美肌BOOK

 

 

活性酸素が肌をさびつかせ、抗酸化力が肌を守る

活性酸素が肌をさびつかせます。

私たち人間は呼吸をして酸素を取り込みますがその一部は、体内で細胞や体のたんぱく質を攻撃する活性酸素に変わります。
ただし、通常は体がもともともっている「抗酸化力」が発動して、速やかに消去されます。(中略)煙草を吸っても肌に影響が出にくい人は、もともとの抗酸化力高かったり、血行が良かったりする、ごくごく一部の人。(中略)美肌の一番の敵は1位、活性酸素、2位、栄養不良、3位、ストレス


ゆる美容辞典

「抗酸化力」は人によって違って、この「抗酸化力」が高い人は美肌が手に入りやすいようです。

酸化とは、体の中の細胞が「サビる」ような状態になることです。
活性酸素とは、私たちの体内において、酸素を利用した代謝が行われる過程で必ず発生する物質です。
普段呼吸をしているだけでも、絶えず生まれてきます。老化現象を引き起こす悪者として取り上げられることが多いのですが、体内に侵入した細菌を取り除くなど、からだを守る働きも持っています。
酸化は、この活性酸素が、ストレス、紫外線、大気汚染、過度な運動などにより、体内に過剰に発生してしまうことで起こります。
りんごの切り口が、空気中の酸素に触れて茶色に変色するのは「酸化」が起こったからですが、同じようなことが、私たちのからだのなかでも起きているのです。
酸化を促す活性酸素は、肌のコラーゲンを作る働きをお枠したり、表皮で肌を守る働きを担っているメラノサイトという細胞を攻撃したりするため、シミやシワの原因にもなります。


医者が教える最高の美肌塾

まとめ

いかがだったでしょうか。

美肌のための食生活や運動、スキンケアの重要性が分かりました。

スキンケア選びも、食べ物選びも、正しい知識を持つことが重要です。

情報に惑わされず、美肌を目指していきましょう!